脱毛サロンに行くその前に!自分の毛について知っていますか?


永久脱毛。

 

ムダ毛を毎日処理するのは面倒ですがそれがなくなると必要なくなる!

 

人気が沸騰している美容方法のひとつです。

 

でも、そんな光脱毛ですがお店に行く前にみなさんは自分自身の体に生えている体の毛がどんな仕組みでどんな構造で理解しているでしょうか。

 

脱毛サロン以前にちゃんと自分の毛について知ってるっていうのはとっても重要!

 

体毛の事を知ってるか知らないままかで脱毛しにサロンに行った時も不明点を簡単に絞れます。

 

とはいえ、自分の体毛について説明できるうえで脱毛サロンに行く人はそれほどいらっしゃらないのでは。

 

というわけで、この度はみんなに生えてる毛がどんなものなのか説明したいと思います。

 

 

毛根の部分


まず最初に毛がどのような構造なのかについて知りましょう。

 

みんなを悩ますムダ毛は肌の皮からところを毛幹、肌の下に存在している部分を「毛根」と言っています。

 

さらに奥、毛根の根元毛根部にあるふくらんでいるところを「毛球」と呼ばれ毛球の先っぽに「毛乳頭」というところがあります。

 

この深く毛乳頭と呼ばれるパーツには毛細血管と呼称される栄養分を吸収して毛を成長させるための役割があるのです。

 

このように、体毛が伸びるには毛の中でも根っこ、その奥のいっちばん奥の毛球の先端部の毛乳頭が司っているのです。

 

以上のような理由でじぶんの剃刀で毛を剃ったとしても、この毛乳頭と呼ばれているところがあるため元に戻ってします。

 

そんでもって毛乳頭の部分は「毛母細胞」のパーツが生成する役割を担っています。

 

そのようなわけで毛を抜いて毛乳頭が消失したとしても、体内の毛母細胞が残ると毛乳頭が出来ちゃうのでその部分から再び毛が長くなってきます。

 

 

毛のメカニズムと周期


私たちに生えている体毛は生える→抜ける→しばらく休みを置いて生えるというように巡回しています。

 

毛が成長する時は毛細血管を通って毛乳頭のところまで栄養素が運ばれてきて毛母細胞のところまで達します。

 

そうなると、毛母細胞部分の細胞分裂が活性化して毛球が製造されます。

 

以上のような流れで流れでこの毛母細胞が多く別れてとうとう体毛として皮膚の外の見える所までしっかり伸びます。

 

今度は、体毛が成長する速さは部分によって違います。頭部の毛髪は成長スピードはとても速く24時間で0.3〜0.4mmくらい長くなります。

 

さらには脇の毛も成長が速く24時間で0.3mmくらい伸びてきます。次に、眉やまつ毛は長くなるスピードは遅くなって1日かけても0.18mmぐらいです。

 

以上説明したように一纏めに毛というものの伸びる速さは全く違うのです。

 

 

毛周期について


次に先ほどご紹介した「毛周期」ってどんなものか簡潔にですが詳細をご説明します。

 

上のところで毛は生えること・抜けること、また長くなってくるを循環していると言いました。

 

掘り下げて言うと体の毛には休止の時期・成長の時期・抜ける時期という毛の生えるのに3種類の期間が存在するようです。

 

休止期の毛は我々のお肌の奥、次の体毛が生えるための用意をする時期です。成長期で要素を吸ってどんどん長くなります。

 

退行期になると体毛と毛乳頭の接続する力が弱くなって離れたのち、抜け落ちる時期です。

 

そのようなわけで伸びているときの毛をとっても肌の下のわからないところにこれから次の体毛がスタンバイしています。

 

このような理由でがんばって毛を抜いてみても時期がくるとその後も成長してきてしまうんです。

 

さらにいうと、表皮の表面に出ているのは、全部の1/3くらいでしかです。

 

その上体毛の周期は体毛がある場所ごとにちょっとずつですが違います。

 

私たちの体で一番抜け落ちるまでの周期が長くなっているのは頭の毛で抜けるまでが3年以上あって抜ける時がくるといつの間にか抜けています。

 

よく言われていますが、頭部の髪の毛は50本前後が1日に手を加えなくても落ちるなっています。

 

さらに言うと体の所と顔の所だと顔の毛の方が短め。

 

顔面部分の体毛が2ヶ月くらいだって。体の毛はほとんどが4カ月くらいなんだ。

 

それだから体に生えてる毛をいっぺんにそっても顔にある体毛の方が早く長くなるのです。

 

 

毛ってなんで生えてるの?


ムダ毛と言ってはいますがですがそれらにもちゃんとした目的があるんだ。その目的を説明します。

 

人に生えている体毛には、1.皮膚の保護機能2.保温・断熱機能3.感覚機能4.紫外線防止機能の4つの機能があります。

 

まず、皮膚の保護機能

 

物理接触から防護することを指します。具体的に毛髪は頭を守り、脇毛はこすれてしまうことから守って示されます。

 

次に、保温・断熱機能です。

 

これは、寒い環境において寒さから守るための保温の機能、しかも暑い時は光を断熱の役目を言います。

 

さらに、感覚機能です。

 

わずかに感覚は毛にもあるんだ。毛がすっかりなくなると感覚が弱くなるという言われることもあるんだ。

 

最後に、紫外線防止機能です。

 

私たちに生えている毛は紫外線を防いでくれる役割を持っています。

 

のようにムダだと思っていてもそれぞれ働きがあります。

 

 

きちんと知識を


どうだった?

 

体の毛のことやムダ毛の仕組みなどをわかっていただけたでしょうか。

 

体毛の仕組みを知ることができれば、光脱毛がどのようなものでどのくらい通えばいいか聞きやすくなります。

 

お店選びに失敗しにくくなる間違いなし!

 

関連ページ

自己処理より脱毛サロンがいい
自己処理より脱毛サロンがいいです。費用が掛かるなどのデメリットはありますが、その分メリットの方が圧倒的に多いです。自己処理が不要・肌自体もキレイになる・美的意識が強くなるなど自己処理より脱毛サロンでの脱毛がいいです。是非体験ください。
1回で脱毛が終わらないのはなぜ?
1回で脱毛が終わらないのはどのような理由があるのかをお教え致します。主な要因は毛周期が大きく関係しています。さらに、脱毛サロンによって施術回数は違い、それは施術するマシンの性能がサロンごとに違うからです。なぜ脱毛が1回で終わらないかが分からない方は是非ご覧ください。